異世界書籍紹介

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』の紹介【あらすじ・見所・レビュー・試し読み】

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい_サムネ

『小説家になろう』で連載していた『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』

なろう系発の異世界作品です。

ライトノベルで書籍化。さらに、コミカライズ化されています。

今回はそんな『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』はどんな作品で、見所はどこかを紹介していきます。

 

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』のザックリしたあらすじ

ザックリどんな作品

『シューヤ・マリオネット』

それはファンタジー世界を舞台にした学園や戦争そして可愛い女の子がたくさんでる人気アニメだった。

「イケメンの主人公がうらやましいよ、はぁ・・・俺もこんな奴に生まれかわれたらなぁ」

彼はいつの間にか寝てしまい、目が覚めると・・・

そこは『シューヤ・マリオネット』の世界だった!

彼の体は主人公・・・ではなく、『豚公爵』スワロ・デニングになっていた。

『豚公爵』は、地位と魔法能力は高いが、醜い性格と体型で嫌われ者・・・

しかしアニメファンの一部では主人公よりも人気があった。

それは、”影ながら従者を敵から守っていたこと“。

しかし従者は主人公に命を救われ、主人公のハーレムに加わることになってしまった・・・

孤独に戦い続けた挙句、主人公に美味しい所をとられてしまうただの憎まれ役であわれな『豚公爵』。

未来をしっている転移した彼は、従者であるシャーロットと自分自身の未来を守るために立ち回る!

まっくろな豚からまっしろな豚に!

『豚公爵』の努力&才能爆発ファンタジー!

” 今度は君に好きと言いたい ”

 

電子書籍をまとめて半額で買う方法

DMM電子書籍』を利用すると、カートに入る最大である100冊まで、コミック・ノベル・R18などの作品をまとめて半額で購入することができます。
※初回購入限定のキャンペーンです。
※クーポン取得から7日間有効です。

 

 

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』の見所は?

裏設定がカッコ良すぎる

見所1

「性格は悪いけど、裏では従者を敵から守っていた」

めっちゃカッコいいじゃないですか!

そして、最後の最後には従者を主人公に奪われる・・・

これはあまりにもやるせない・・・

ゲームやアニメの世界の嫌われ者に転生するという異世界物はたくさんありますが、

こんなにカッコいい嫌われ者は、いままでいなかったと思います。

これはなんとしても、主人公と従者が結ばれてほしいですね!

発言がカッコいい主人公

見所2

基本ぶっきらぼうな主人公ですが、大事なところでは、頼りになるって感じです。

そして、発言がかなりカッコいい。

「2歩下がれ」

とか・・・

ぶっきらぼうな主人公だから言えるカッコいい言葉があふれる作品です。

主人公と従者の凸凹コンビ

見所3

主人公はダイエットにはげむデブ

従者はいろいろ努力するドジっ子

この2人の凸凹さが、ほほえましい作品です。

それとビックリしたのが、従者なのに主人に容赦ないのは笑いました。

主人公の傲慢っぷりから愛想を尽かされた元婚約者との今後の展開も必見です。

迫力あるバトル

見所4

異世界物はバトルが微妙な作品が多いですが、

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』は迫力ある魔法バトルを繰り広げます。

ただ無双するだけのバトルではなく、ギリギリで奥深い戦いに目が離せません!!

 

 

まとめ:『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』ってどうなの?

この作品は、設定がかなり凝っている面白い作品です。

主人・従者の関係や魔法バトルを存分に楽しんでください!

電子書籍をまとめて半額で買う方法


『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』をシリーズまとめて買うとき

コミック全4巻 × 約605円 = 2,420円 半額 1,210円で買える

ノベル全9巻 × 約660円 = 5,940円 半額 2,970円で買える

※コミック・ノベルの巻数は記事を執筆した時点


その方法が・・・『DMM電子書籍』を使うこと。


カートに入る最大である100冊まで、コミック・ノベル・R18などの作品をまとめて半額で購入することができます。

「初回1冊まで半額」や「初回50%ポイント還元」といった電子書籍サイトはよくありますが、100冊まで半額という破格なキャンペーンはDMMしかありません。

シリーズでまとめ買いなど、買いたい本が多ければ多いほどお得です。

※初回購入限定のキャンペーンです。
※クーポン取得から7日間有効です。

↓こちらから↓

 

 

ではまた。