特集

【新スタイル】Audibleでライトノベルを読んでみた感想

Audibleでライトノベルを読んでみた感想_サムネ

転生したらスライムだった件』をAudibleで読んで・・・いや、Audibleで聴いてみました。

Audible-転スラのプレイヤー

Audibleは、ライトノベルの新しいスタイルになる

そう確信しました。

ついにラノベを聴く時代が到来したのです。

今回は、ラノベをAudibleで聴いて思ったことを正直に書いていきたいと思います!!

 

ラノベをAudibleで聴いて、良かった点

豪華声優の声でストーリーを楽しめる

声優たちの声でストーリーを楽しめる_画像

なんといっても一番の魅力は、声のプロである声優が朗読してくれることです。

Siriみたいな単調な読み方ではなく、強弱や抑揚をつけて読んでくれるため、臨場感あふれる音声を楽しめます。

『転生したらスライムだった件』・『この素晴らしい世界に祝福を!』・『本好きの下剋上』など一部の作品は、

アニメと同一の声優が演じています。

まさに、動画のような感じです。

 

寝る前に最適

寝る前に最適_画像

「え、最高…」って思ったことは、”Audibleは夜寝る前に最適“ということです。

寝る直前までスマホやパソコンの光を浴びていませんか?
電子漫画を読んだり、YouTubeを観たりしていませんか?

僕はまさにそのような感じでした。

しかし、寝る前にスマホやパソコンの光を浴びると寝つきが悪くなってしまいます。

でも、スマホやパソコンがなかったら、寝る前なにもやることがない・・・

そんなときにAudibleです!!

Audibleは音声なので、夜ぐっすり眠れますし、充実した就寝前を過ごすことができるでしょう。

他にも、満員電車・待ち時間・暇なとき・・・

生活にラノベを取り入れることができるのも魅力です。

脳が疲れない

脳が疲れない_画像

ライトノベル1冊読むのってかなり疲れるじゃないですか?

それが、音声だとそこまで脳が疲れることはありません。

文字を読まなくてもいいからです。

活字を読むのが苦手・・・

アニメの続きが気になるけど、ラノベ読むのがめんどくさい・・・

このような方もぜひ『Audible』を試してみてください。

 

 

ラノベをAudibleで聴いて、イマイチな点

だれが喋っているのかわからなくなる

だれが喋っているのかわからなくなる_画像

『転生したらスライムだった件』を聴いてみましたが、キャラクターごとに声優が異なるわけではなく、

1人が何人かのキャラを担当するといった感じでした。

3人のキャラを同じ声優が雰囲気をかえて朗読している部分があり、

誰がしゃべっているのか分かりずらい部分がありました。

逆に雰囲気だけである程度誰がしゃべっているのか分かるのはやはり声のプロだな~~とも思いました。

つけ加えて、”アニメの声優とAudibleの声優が同じではなかったとき、違和感を感じてしまう“ということにも気をつけてください。

話の飛ばし読みができない

話の飛ばし読みができない_画像

「ライトノベルは一言一句しっかり読んでいる」

という人もいれば

「ライトノベルは飛ばし読みしながら読んでいる」

という人もいると思います。

Audibleで聴くときは、倍速機能はあるものの飛ばし読みには向いていません。

少しつまらない部分だから、セリフだけ読もう

こういったことができなくなってしまいます。

しかしポジティブに考えれば、”物語をしっかり把握できる“ということなので、逆にいいのかもしれません。

飛ばし読みするのも、”文字を読むのがめんどくさいから“ですもんね!

Audibleは耳を傾けるだけでいいのです。

 

 

Audibleの操作性

Audibleの操作性

 

Audibleの操作性_画像

再生/停止・早送り/巻き戻し(秒数は②で調節可)・章送り/章戻し

早送り/巻き戻し の秒数変更シェア・タイトル詳細ボタンなし操作 など

再生速度(0.5倍~3.5倍)

目次(章選択が可能)

スリープ(分単位で設定可能。”章の終わりまで”という設定にもできる)

ブックマーク(今聴いているところを保存できる)

①~⑥のように、シンプルで分かりやすい操作ができます。

再生速度が0.5倍~3.5倍まで調節できますが、初めては1.2倍でも相当はやく感じます。

慣れてくるとスピードを上げても大丈夫ですが、ライトノベルの場合は2.0倍が限界だと思われます。

 

スリープ機能は、就寝前に活躍します。

自分の聴きたい時間で調節できるので、部屋を暗くした状態でも大丈夫です。

キリよく聴きたいときは、“章の終わりまで”という選択もできます。

しかし作品によっては、1つの章がすごーく長いときがあるので注意が必要です。

 

ブックマーク機能は、”作品のお気に入り登録する”というわけではなく、ブックマークボタンを押した時点のシーンを保存するという機能です。

⑥によってブックマークを閲覧することができ、メモ書きも残せます。

「ココいいシーンだったから、後からもう一度ききたい」

というときに役にたつ機能です。

 

Audibleでラノベを聴こう!!

Audibleでラノベを聴こう!!_画像

Audibleは、Amazonが運営する音声メディアです。

月額1500円でAudible会員になることができ、このような特典があります。

Audible会員の特典
  • 毎月、Audible作品1冊と交換できるコインがもらえる
  • Audible作品が定価の30%引きで購入できる
  • その他、さまざまなコンテンツが使える

Audible会員の特徴はこのような感じです。

Audible会員の特徴
  • 初月は無料(1冊無料でAudible作品が聴ける)
  • 間違って購入し、作品を視聴してしまっても、365日以内なら8~10回くらいまで、すぐに返品可能
  • 退会自由
  • 退会後も購入した作品は永久的に聴ける

しっかりサポートされており、安心できるサービスといえます

ちなみにライトノベルのラインナップは、こんな感じです。

  • 転生したらスライムだった件
  • この素晴らしい世界に祝福を!
  • 本好きの下剋上
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
  • オーバーロード
  • 幼女戦記
  • 盾の勇者の成り上がり
  • 無職転生
  • ゼロの使い魔
  • セトウツミ
  • リアデイルの大地にて

などなど

異世界作品が多く、今後ラインナップがどんどん増えていくと考えられます。

Audibleってどうなんだろ・・・?

そう少しでも興味がある方は、

初月は無料なので、迷わず気軽に利用してみてください。

 

ではまた。