異世界書籍紹介

【アンデッドファンタジー】『オーバーロード』の紹介・あらすじ・レビュー

オーバーロード_サムネ

『小説家になろう』で連載していた『オーバーロード』。

なろう系発の異世界転移漫画です。

ライトノベルで書籍化。さらに、コミカライズ化されています。

シリーズ累計発行数は800万部を突破!!

今回はそんな『オーバーロード』はどんな漫画で、見所はどこかを紹介していきます。

 

 

『オーバーロード』ってザックリどんな漫画?

YGGDRASILユグドラシル

それは圧倒的な自由度から爆発的な人気をはくしていたVRゲーム。

そのゲームの中で、異業種の集まるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』は、数千を超えるギルドの中で最高十大ギルドのひとつだった。

ーーYGGDRASILのサービス終了日ーー

かつての仲間は現実の生活を優先しゲームから離れていった。

『アインズ・ウール・ゴウン』のメンバーである「モモンガ」は、1人でYGGDRASILの最後を迎えることに・・・

ーーYGGDRASILのサービス終了ーー

「ん?」

サービス終了しているはずが、ゲームから強制ログアウトされない。

それどころか、NPCが人間味をもっている。

感情が宿った世界

YGGDRASILと似ているが、以前とは少し違う世界

謎多き異世界で、従者をひきつれ世界を騒乱させる!

その名は、『アインズ・ウール・ゴウン』

残虐と残酷をもって蹂躙するアンデッドファンタジー!!

【初回限定】何冊でも半額で電子書籍を購入できるキャンペーン
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】 

 

 

『オーバーロード』の見所は?

濃厚なダークファンタジー

見所1

ゲームの面影があるのに、リアルさを感じる世界。

そんな言葉にできないような世界感に引き込まれます。

アンデッドが主役というのも斬新で面白いですよね!

アンデッドが主役だから、物語にダーク感が常に漂っています。

それに、僕たち人間である読者が「アンデッドに人間が蹂躙される」という漫画を楽しむというのもなんだかおかしな話ですよね(笑)

異様でダークな世界。

そこで繰り広げられるレベルの高い陰謀・策略・戦略の数々は見逃せません!

あるじになりきれない主人公

見所2

支配者としてふさわしく振る舞うために、頑張っています。いや、無理しています。

心の中での独り言は、社会人の喋り方

人の前では、支配者の喋り方

そのギャップが面白いです。

アンデッドになった影響で人間への情が薄れているところも見所です。

個性的な階層守護者たち

見所3

階層守護者たちは、プレイヤーによって拠点を守るために制作されました

主人公につかえる幹部のような存在で、物語に大きく関わってきます。

めちゃくちゃ強いアンデッドたちで、なかなかの個性を持っています。

血をあびると暴走してしまう『シャルティア』

知略に長けた『デミウルゴス』

武人『コキュートス』

などなど

共通点は、「主人公を敬愛していること」ただ一つ。

主人公がいない場面も魅力

見所4

当たり前なことですが、主人公がいないところでも当然物語が進んでいるわけです。

『オーバーロード』は、そんな物語をとても大切にします。

例えば、「リザードマンたちの物語」

例えば、「王国内での物語」

これら物語には温かみが感じられるものが多く、 ダークな主人公たちとギャップが効いててとてもいいです。

主要人物以外にもスポットライトがあたることで、その世界のリアル感がさらに引き立てられていると思います。

 

結局『オーバーロード』ってどうなの?

ダークでリアルな世界観をかもしだす『オーバーロード』。

ストーリーも濃く、今後の展開に期待がもてる漫画です。

少しでも気になった方はぜひ読んでみてください!

【今だけ】何冊でも電子書籍を半額で買う方法

『DMM電子書籍』なら、初回限定で何冊でも半額で買えちゃいます!!

人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

「1冊まで半額」や「何冊でも50%ポイント還元」といった電子書籍サイトはよくありますが・・・

何冊でも半額という破格なキャンペーンはDMMにしかありません。

こんなにもお得なキャンペーンいつ終了してもおかしくないのでお早めに

↓こちらから↓
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】