異世界書籍紹介

【爽やかファンタジー】『ワールド・ティーチャー』の紹介・あらすじ・レビュー

ワールド・ティーチャー_サムネ

『小説家になろう』で連載していた『ワールド・ティーチャー』。

なろう系発の異世界転生漫画です。

ライトノベルで書籍化。さらに、コミカライズ化されています。

今回はそんな『ワールド・ティーチャー』はどんな漫画で、見所はどこかを紹介していきます。

『ワールド・ティーチャー』ってザックリどんな漫画?

エージェントを生業としていた主人公は、なぜか魔法が存在する異世界に転生した。

お屋敷に貴族として転生した主人公は、従者たちに囲まれ、生みの親を知らずに育てられた。

ある日、銀郎族の姉弟を助け、弟子とすることに。

前世では教育者であった主人公は、現世でも師匠という立場となる。

前世でつちかった”エージェント”と”教育者”の経験・知識・技術を駆使して、さまざまな人々に大きな影響をあたえていく。

師匠とその弟子たちの関係・・・

ふりかかるさまざまななトラブル・・・

師匠と弟子たちがさまざまな困難に立ち向かう。

“主人公最強”と”弟子たちの成長”2つを楽しめる異世界ファンタジー。

【初回限定】何冊でも半額で電子書籍を購入できるキャンペーン
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】 

『ワールド・ティーチャー』の見所は?

爽やかファンタジー

見所1

この漫画の雰囲気を一言で表すなら『爽やか』です。

絵の雰囲気も『爽やか』なのですが、それに加えてメインキャラたちも『爽やか』といえる性格をしています。

敵側は陰湿なキャラが多いので、一層爽やかさが引き立てられます。

冒険者ギルドがあり、

魔法のを教える学園があり、

貴族とのいざこざもあり、

ファンタジーで大切な要素が全部つめこまれています。

異世界ファンタジーを楽しみたい人にはうってつけの漫画です。

主人公のまわりの成長も楽しめる

見所2

『ワールド・ティーチャー』は、師匠と弟子の関係にスポットライトがあてられた作品です。

主人公は、前世でも教育者だったことから、異世界でも師匠という教育者的な立ち位置です。

師匠は、心身ともに強くて”主人公最強”を楽しめるのはもちろんですが、

それに加えて、弟子たちの成長も見所です。

暴走したり、考え詰めたりする弟子たち。

師匠のもと、弟子たちが努力し、さまざまな事を学んで成長していく姿を楽しめる漫画です。

まるで理想を詰め込んだかのよう

見所3

弟子たち、従者たち、学園での友達、学園長・・・

主人公はすご~く人に恵まれます。

また、特訓したり、パーティーをしたり、冒険者ギルドに入ったり・・・

読んでいて心地よく、理想がつめこまれている感じです。

ストレスなく、楽しく読むことができるでしょう。

心温まるストーリー

見所4

弟子たちとの関係・・・

従者たちとの関係・・・

学園長との関係・・・

心温まるエピソードが充実している漫画です。

特にお屋敷での出来事は心揺さぶられるものがありました。

弟子や仲間のためならいくらでも残酷になれる主人公。

その先には一体なにがあるのか。

 

結局『ワールド・ティーチャー』ってどうなの?

まさに、異世界ファンタジー

みんなが見たい要素・場面が全部つめこまれている宝箱のような作品です。

少しでも気になった方はぜひ読んでみてください。

【今だけ】何冊でも電子書籍を半額で買う方法

『DMM電子書籍』なら、初回限定で何冊でも半額で買えちゃいます!!

人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

「1冊まで半額」や「何冊でも50%ポイント還元」といった電子書籍サイトはよくありますが・・・

何冊でも半額という破格なキャンペーンはDMMにしかありません。

こんなにもお得なキャンペーンいつ終了してもおかしくないのでお早めに

↓こちらから↓
人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】